2012年4月アーカイブ

ゴールデンウェークに仕事をしなかったのは数年ぶりのことです。
ノルウェージャンフォレストキャット

一日中家にいると、猫の食事の催促が激しくて、ついつい多めに与えてしまいがちです。
ノルウェージャンフォレストキャット
それでも、毎晩のように激しい運動会を繰り広げているので、ぜい肉はつかないようです。

親ブリーダーさんから猫のおやつを売っているお店を紹介していただく目的で、TICAのキャットショーへ行ってきました。
ショーが終わる頃に顔を出したので、そのお店もたたんでしまってあり、わざわざ在庫を引っ張り出してもらいました。
そんなこんなで毎度のごとく親ブリーダーさんに叱られます。

今シーズン最後のショーということで、みんな忙しそうなので、その辺の猫の写真を撮影して回りました。無断撮影は見つかったら怒られます。
写真では表現できませんが、きっちりとグルーミングされた見事な毛並に見入ってしまいます。まるで毛を一本一本洗ったようです。
2012_0428_16_57_41_307.jpg
猫も疲れ切っています。
2012_0428_17_37_13_103.jpg

すべての審査が終了して会場が帰り支度で忙しい中、叶姉妹がきているとのこと。
2012_0428_17_37_56_28.jpg
中央の赤い帽子がそうですが、どう見てもひとりしかいません。つまり叶「姉妹」ではありません。
どっちでもいいので確認はしませんでした。

ところで本日購入したおやつはフリーズドライのカンガルー肉です。結構値が張るのですが、我が家の猫には好評で、あっというまに半分なくなってしまいました。

ネマキ兼室内着におしっこされ、もう暖かくなったからいいやと捨てたら、途端に寒くなった今日この頃です。
ノルウェージャンフォレストキャット


今日のべりさなちゃん
首回りの脱毛が激しい・・・
ノルウェージャンフォレストキャット

今日のあるでゅいな
食べていればしあわせ。
ノルウェージャンフォレストキャット

今日のりあのんさん
腕太すぎ。
ノルウェージャンフォレストキャット
猫ブログに文章は要らないかも・・・

ねこさんは、バリカン入れたので画像が出せません。

以下の猫が妙に興奮して家じゅうを駆け巡っています。
ふだんはおとなしいリアノンさんを巻き込んで、追いかけっこや、ほとんどいじめに近いプロレスごっこをやっています。

ノルウェージャンフォレストキャット
ちがさわぐのにゃ
布団の隅のほうで丸くなるリアノンさん。
人間が斜めに寝れば問題はありません。
P1090891.jpg

PCの上でくつろぐリアノンさん。
このところ急にそばに寄ってくるようになりました。
P1090897.jpg
おまえがそばによってくるだけにゃ
今日のベリサナちゃん。別に昨日となんら変わりません。
P1090888.jpg
ベリサナちゃんは、今年になって次男坊と交配し、先週が出産予定日だったのですが、何の変化もないので病院でエコー写真を撮ってもらったら、おなかの中は空っぽでした。妊婦と思い込んで大事に扱っていたせいか、ちょっと甘えてくるようになりました。我が家で唯一にゃーにゃー泣きまくる猫です。

アルデュイナとリアノンさん。こちらもいつも通り。
そういえばリアノンさんの鳴き声を聞いたことがありません。視線も合わせてくれません。何を話しかけても「しったことかにゃ」という感じです。その代り爪切りは一番簡単です。
P1090890.jpg
猫によって、「さん」づけだったり、~ちゃんだったり、呼び捨てだったり違いがあることに気が付きました。
単に語呂の問題だけではないようです。

とりあえず今日の猫さん。
P1090878.jpg

そして、ようやく発情の止まったリアノンさん。いつもなら次男坊をケージから出して遊ばせていると、自らすり寄って行ってたのに、今日は見向きもしません。それどころか、近寄ってくる次男坊にパンチを浴びせていました。あまりの心変わりに次男坊も茫然です。
P1090883.jpg
ちかよるにゃ!

すべての雌猫の発情が止まっているこの時期、寝室を解放して自由に出入りさせています。
寝床を占拠されるのはちょっと困りますが、猫は自分の寝床には粗相をしないので、寝床と認識された人間の布団への粗相もしなくなります。
P1090886.jpg
普段は寄り付かないリアノンさんが、なぜか添い寝体制。この後、雌猫4匹に囲まれて天国気分です。


おんな盛りのリアノンさんが見つめる先には・・・
P1090870.jpg

ルビカと一日違いで2歳になった次男坊。こいつも男まっ盛り。
P1090872.jpg

こいつも健康優良児で飼い主はたすかります。
P1090877.jpg
だしてにゃ~
今日はオス1号の5歳の誕生日です。
病気にもかからず、ケージの外に出してもスプレーしない、手が掛からない奴ですが、唯一の問題点は、飼い主に懐いていないこと・・・
P1090866.jpg
誕生日だからといって特別なことはありません。

次男坊のケージが小さすぎるというのは分かっていたのですが、新しいケージを入れるためには古いケージをたたまなければならず、ずっと手付かずでした。

少しづつ猫部屋を片づけて、本日ようやく新ケージのスペースができました。
P1090843.jpg
このケージは、一人で組み立てるのは至難の業です。さらに説明書がまったく役に立ちません。悩みながら組み立てましたが、部品が余らなかったので、たぶん正解でしょう。このあとさらに、ペットシーツでまわりを囲みます。

てっぺんは外から見えにくい落ち着ける場所にしました。雄猫は、一日の大半をケージで過ごさなければならないので、少しは過ごしやすいと感じてくれたら幸いです。
P1090830.jpg
これまで使っていたケージは、悪さをした猫の反省部屋になります。


2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています

ノルウェージャンフォレストキャット子猫里親募集