2012年6月アーカイブ

今日はベタ子をショーに連れていきました。

脈絡のないベリサナの画像。
ノルウェージャンフォレストキャット

猫をショーに連れて行くのは一年半ぶりです。シャンプーの仕方もすっかり忘れてしまいました。
首都高の料金が900円になっていることも知りませんでした。

短毛種かと思わせるほど毛が伸びず、小柄で体重もようやく2キロに達したばかりなので、成績は期待できません。
家の中では暴れん坊なので、おとなしく審査されることが出来るかどうかだけが気になります。
ノルウェージャンフォレストキャット
首根っこを押さえられています。

ノルウェージャンフォレストキャット
何が起きているかわかっていない様子。えり回りなどすっきりしている割には耳毛がやたらと長い・・・

ノルウェージャンフォレストキャット
ジャッジさんに遊んでもらっています。

今日はメインクーンとラグドールがたくさんいて、ノルはわずか3頭。こういうときは待ち時間が長くなります。
かといって椅子にのんびり座っているタイミングも計れず、ずっと立ちっぱなしで足が棒のようになりました。今晩足がつって目を覚ますに違いありません。
とりあえずショーに行ってブリーダーっぽく見せるネタが出来たので、今シーズンは月一回くらいのペースで出かけてみようと思います。
オス猫は基本的にはケージ暮らしですが、毎日30分~長いときは2時間くらい外に出します。
2匹いるオスを同時には出せないので、交代制です。

このところ、オス2号はよくベタ子と追いかけっこをしています。
彼は2歳ですが、頭の中は3か月の子猫と同じなので、ベタ子の遊び相手にはちょうどいいようです。
ベタ子にとっても、ほかのメス猫からは誰も相手にしてもらえないので、楽しい時間なのでしょう。

ノルウェージャンフォレストキャットの子猫


ベタ子の月齢4か月となりました。
我が家に来てから、まだ一週間しか経っていないのですが、ずいぶん前からいるような気がします。
昨晩は腕枕で寝てました。

ノルウェージャンフォレストキャットの子猫

超おてんばなわりには聞き分けのいいところもあって、机の上に載らないように躾けるとちゃんと守ります。
先住猫ともだいぶ折り合いがついて、あまりシャーとは言われなくなりましたが、たまに寝ている猫にちょっかいを出して叱られています。
他の猫はみんな2歳過ぎなので、子猫のペースにつきあえません。先住猫の目を気にしつつ、飼い主が構ってやることになります。

ノルウェージャンフォレストキャットの子猫
おそんでにゃ~