2013年7月アーカイブ

久しぶりのキャットショーに新入りを連れていきました。まだシーズンの序盤で大勢の猫が集まる時期ではありませんが、ノルのキツンが11頭もいました。おかげで長時間立ちっぱなしで足の具合が変です。また、控えケージでウンチをされて、これには参りました。

433A0218.jpg
最近当たり前になった感のあるテント。ケージを片づける手間がはぶけます。

433A0219.jpg
とりあえずよ後ろの席にいた、よその子を撮ってみる。

433A0221.jpg
さらによその子。こころなしか不安げです。

433A0241.jpg
こちらは同胎の兄弟です。

433A0268.jpg
ファイナルインっっッ!まわりからは最初で最後だな~と言われました・・・
キツンは、ジャッジによってかなり評価が異なることがあるので、結構面白いです。

433A0321.jpg
最後のリング。猫も疲れてます。

荷物を軽くしたかったので、レンズは40mm単を持参。しかしショーには向かなかったようです。また、絞ったせいでシャッタースピードが遅くなり、手ブレがひどくなりました。修行が必要です。

とりあえず今日の一枚。
433A0191.jpg
あまり寄りすぎると、レンズにパンチされます。
アルディナとベリサナがマジ喧嘩をしてしまいました。何とか身体を張って仲裁したのですが、あちこち傷だらけにされました。二匹を一緒にしては置けないので、たたんであったケージを急遽組み立てて、ベリサナはしばらくそこで暮らしてもらうことにしました。おやつを普段の倍差し上げて、なんとかケージ暮らしを我慢してもらうようにしました。アルディナが襲ってこないので安心しているようです。
IMG_1671.jpg
ベリサナにとってアルデュイナは実の母親であるため、いつも甘えようとします。ところがアルデュイナにとっては、とっくの昔に乳離れした赤の他猫なので、わずらわしく感じたのでしょうか。ちょっと手を出し合っているうちに本気になってしまったようです。
ここ数日アルデュイナがとても攻撃的になっています。ケージ掃除のためオス一号を外に出していたところ、アルデュイナが猛烈な勢いで攻撃を始めてオス一号がたじたじになるという場面がありました。また、オス2号のケージの扉を開けたとたんに、ケージから出ようとしたオス2号の頭に連続パンチを浴びせるというありさまで、結局ケージの掃除ができませんでした。かと思うと人間に対しては猛烈な勢いで甘えてきます。早朝からにゃあにゃあ鳴きっぱなしでうっとおしいほどにすり寄ってきます。出産を間近に控えて精神的に不安定になっているのでしょうか。過去の経験からすると、オスを身籠っていると気性が荒くなるような気がします。
IMG_1695.jpg
休日は猫の世話で手いっぱいで、終了間際に投票所へ行ってきました。テレビを持っていないのでUSTREAMで開票結果を確認。ネットでの選挙結果が効果をもたらすようになるまでは、あと一世代分の年月が必要な気がします。憲法が変わろうが消費税率が上がろうが構いませんが、日本を崩壊させようとする勢力をなんとか排除して、あと数年猫の面倒が見れる状況が続けられればそれでいいです。

新入りがアルディナのお乳に吸い付いています。先日までリアノンに吸い付いていましたが、発情が来たため新入りの相手をしなくなりました。替わって出産を間近に控えたアルディナが新入りを受け付けるようになりました。新入りもそろそろ4か月なので乳離れしてほしいところです。
433A0155.jpg

机に向かって作業中にふと振り返ると、そばに来て寝てたりしますが添い寝はいやだそうです。
IMG_1666.jpg

今夜は雨が降ったせいか、部屋の中がとても蒸し暑いです。でも外に出ると風があっていい感じでした。
433A0139.jpg
最近よく使っているのはズームレンズですが、絞らなくても猫の毛一本一本まで解像します。女性はこういうレンズでアップを撮られたくないでしょう。


新入り子猫は、何かの拍子に家じゅうを弾丸のように走り回っています。先住猫'sにとってはかなり迷惑なので、そばを通り過ぎる時に子猫の頭をひっぱたいています。
やがて子猫も先住の顔色を窺うようになりました。
ただ、未だに猫じゃらしで遊ぶときは、先住の頭の上にジャンプしたり、ひんしゅくを買うことが多いようです。
IMG_1642.jpg
我家では、すべてのことに無関心なねこさんを除いて、ある程度のヒエラルキーが存在するようです。
アルデュイナとベリサナは実の母娘なので、当然アルデュイナが上です。ベリサナはいつもアルデュイナの後をついて回ります。
リアノンは、先住であるアルデュイナの下ですが、ベリサナとは微妙な関係です。
基本的に仲良しな関係は存在しません。
休みの日はカメラを持って近所を散歩しようと計画していたのですが、職場の隣の席の奴に風邪を移されたようで咳が止まらず、外に出る気が起きません。
結局家の猫を撮ることになります。
433A0083.jpg
子猫は、ホワイトバランスのチェックに最適。

オス2号、リアノン、子猫。ぼーっとしながら過ごしています。
433A0099.jpg
静かな雰囲気を出せるかな、と思って逆光で撮ってみました。実際のところは、窓際に行くと猫が後をついて来てしまうので部屋に入れなかっただけです。

猫部屋の室温は29℃に保っています。やはり暑いのかタイルの上でだらけています。
IMG_1599.jpg

日中は暑いので猫も人間もだらだらするばかり。夕方になってようやく子猫と遊びます。
433A0051.jpg
新しいレンズを買いました。EF 40mm f/2.8 STM という貧乏くさいレンズですが、とっても軽くて明るく、室内で猫を撮るにはちょうどいいレンズです。きれいにボケるので貧乏くさい部屋がごまかせます。

新入り子猫は、リアノンのおっぱいに喰らいついています。そしてとまどうリアノン。
IMG_1572.jpg

そして最終兵器の装備完了。
IMG_1612.jpg


土曜日は風が強かったので、家じゅうの窓を解放していたところ湿度70%気温30度になり、あわてて閉めきりにしてエアコンを付けました。
日曜も大変暑くて外に出る気にもなりません。そういえば去年も猛暑でした。今年も9月までこの陽気が続くのでしょうか。湿度が下がればもう少し過ごしやすいのですが。
IMG_1555.jpg

我家の猫は総じてどんくさくて、特に跳躍力は無残なものがありました。
まだ3が月の子猫に誰も勝てません。
IMG_1490.jpg


IMG_1495.jpg
毎晩人間が寝るころになると、家じゅうを猛烈な勢いで駆け回るのはかんべんしてもらいたいものです。


2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています

ノルウェージャンフォレストキャット子猫里親募集